【真偽検証】の記事一覧 (1~10)[更新順] [アクセス数順]

真偽検証

他力の信心を通して知らされた世界

Visitors : 全期間 535280 今週 1639 今日 156

次の10件 »


高森の教行信証(信編) - 「一念の救い」と言いながら、実際は「20年や30年」「30年40年」「100年や200年」では獲得不可能の信心

親鸞会では、阿弥陀仏の救いに時間はかからない、「一念の救い」だとよく言われます。「『一念』とは、人生の目的が完成する、何億分の一秒よりも速い時をいう」”人間に生まれたのは、これ一つであった”と、人生の目的が成就したのを「信楽開発」と言い、そ…

2018-02-22 06:18|Comment(0)

139 visitors [全期間]


高森の教行信証(信編) - 信心決定は過去の体験ではない。いまの南無阿弥陀仏こそわれらが往生の定まりたる証拠

親鸞会では「一念」ということを非常に重視します。その大体は、「『一念』とは、人生の目的が完成する、何億分の一秒よりも速い時をいう」(『なぜ生きる』p.342)という意味で、あっともすっともギャーとも言う間もない極めて短い時間のことを指してい…

2018-02-19 06:28|Comment(0)

230 visitors [全期間]


高森の教行信証(信編) - 二種深信の誤った認識、救済の予定概念、信心決定病

高森顕徹会長が信心を説明する際によく用いるのが「二種深信」です。「二種深信」は真実の信心か否かの判定基準であり、「二種深信」が立っていなければ絶対に真実報土の往生はできないというのです。深心といふは、すなはちこれ深信の心なり。また二種あり。…

2018-02-16 06:51|Comment(0)

250 visitors [全期間]


「真実の行」を示さずに「大悲の願船」に乗るとか言い、創価学会の信心は貫き通す高森顕徹会長

『飛雲』 『観経』も『観経疏』も『教行信証』も全く読んだことがないから韋提希の話を創作するしかない高森顕徹会長にて紹介されているように、11日はいつもの大悲の願船に乗せられると同時に、私たちの苦しみの人生は、幸せな人生にガラリと変わるとは、…

2018-02-13 00:28|Comment(0)

217 visitors [全期間]


高森の教行信証(信編) - 現在只今、苦悩渦巻く人生を光明輝く生活の出来るようにしてやろう、という御約束通りに我々が絶対の幸福に助かった時を、他力信心を獲たとか、信心決定したとかいうのです

仏教を聞く目的はあくまで後生の一大事の解決。絶対の幸福は後生の一大事の解決ができたらその必然として現れてくる副産物である。親鸞会側からはこんな声が聞こえてきそうですが、では何をもって後生の一大事の解決ができたとするかと言えば、平生の救いに遇…

2018-02-11 00:31|Comment(0)

119 visitors [全期間]


高森の教行信証(行編) - 高森の教を学び行を修すといへども、真実の行信を獲て報土に入ること無し

「阿弥陀仏の本願」は確かに「聞く一つ」です。成就文に「聞其名号 信心歓喜」とあるように、名号のいわれを聞いて信心歓喜するので、我々は善知識からお救いの法を聞かせて頂く以外にありません。名号のいわれ、すなわち南無阿弥陀仏の六字のこころ、「助け…

2018-02-09 06:47|Comment(0)

155 visitors [全期間]


高森の教行信証(行編) - つつしんで高森の行を案ずれば、表裏の義あり。その表といふは聞法なり。その裏といふは聞邪義、弘宣邪義、献金、服従、助正間雑、雑行なり

「高森教」のやり方は「絶対の幸福」という現世利益で聞く者を釣り、「絶対の幸福」を獲るにはと、ありもしない方法論を説いて聞く者を組織拡大活動に駆り立てるというものです。まことに死せんときは、かねてたのみおきつる妻子も財宝も、わが身にはひとつも…

2018-02-06 06:27|Comment(0)

195 visitors [全期間]


高森の教行信証(教編) - それ高森の教を顕さば、すなはち映画『なぜ生きる』これなり

高森顕徹会長は、迷いの世界を果てしなくさまよい苦しみ続ける私達を出離させ、往生成仏せしめるという崇高な阿弥陀仏の本願を、人生を明るく楽しくわたす大船とかいった低俗な本願に貶めています。そして、本願の大船に乗ったことを「絶対の幸福」だとか、「…

2018-02-03 06:11|Comment(0)

237 visitors [全期間]


ただ仏恩の深きことを念うて、人倫の嘲りを恥ぢず

ただ仏恩の深きことを念うて、人倫の嘲りを恥ぢず。(『教行証文類』後序)皆のコメントを見ていて思った。俺も一退会者として、退会者の皆の気持ちはよく分かる。俺だって、いつまでも過去の事を言われ続けてくどいと思ってる。ムカつくよ。腹立たしいさ。で…

2018-02-02 07:02|Comment(0)

169 visitors [全期間]


高森の教行信証(総序編) - 阿弥陀仏の本願は、苦しみの波の絶えない人生の海を明るく楽しくわたす大船である。この船に乗ることこそが人生の目的(=絶対の幸福)だ

親鸞聖人が「真実の教行信証」を教えられたのに対して、高森顕徹会長は独自の教行信証を会員に説き与えています。「真実の教行信証」と親鸞会の教えの違いは歴然で、浄土亜流どころか全く別物、まさに「高森教」「高森の教行信証」と名付けるのがふさわしいか…

2018-01-30 21:59|Comment(0)

195 visitors [全期間]


次の10件 »

響流書房
仏教の教えを電子書籍に-響流書房
記事検索
巡回ブログ一覧(更新順)

安心問答 (2018-02-22 13:23)

真偽検証 (2018-02-22 06:18)

あさ川進の、宗教と私 (2018-02-17 23:48)

東大数学科から仏教講師になったおかもんの日記 (2018-02-16 16:36)

飛雲 (2018-02-11 17:13)

あなたの白道 (2018-01-13 12:17)

さよなら親鸞会 (2017-12-03 12:47)

親鸞会.NET (2017-11-20 10:13)

元会員から見た浄土真宗親鸞会 (2017-06-05 00:06)

静かな劇場 (2016-08-25 15:34)

愛と哲学の自分探し(生きる意味は結婚?) (2016-06-17 19:46)

『生きる意味』をハッキリ示す仏教講師のブログ (2016-05-03 07:34)

リバース (2015-09-04 07:05)

親鸞会のトリック (2014-11-14 00:00)

浄土真宗親鸞会は、親鸞聖人のみ教えと同じか? (2014-09-25 02:24)

高森親鸞会の誤りと浄土真宗の正義 (2013-12-13 20:33)

しあわせのいずみ (2013-08-22 14:14)

親鸞会教義の誤り (2013-01-21 18:29)

お釈迦様と親鸞聖人の教えられた「ただ一つのこと」がわかるブログ (2012-11-17 14:21)

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)へ (2012-05-28 16:45)

辛口!真宗時評 (2012-02-20 18:49)

カボチャプリン☆親鸞会講師のわくわく日記 (2011-10-12 19:53)

浄土真宗親鸞会 宇治金時にあこがれて (2011-05-25 12:25)

21世紀の浄土真宗を考える会 (2011-02-03 21:47)

清森問答 (2010-12-27 20:00)

苦笑の独言 (2010-09-12 22:34)

ぱきら (2009-08-04 10:41)

「捏造」と捏造された不倫事件の真実 (2009-01-29 19:35)

モバイルサイト