【高森親鸞会の誤りと浄土真宗の正義】の記事一覧 (1~10)[更新順] [アクセス数順]

高森親鸞会の誤りと浄土真宗の正義

宗教法人・浄土真宗親鸞会(会長:高森顕徹)の教義上の間違い、及び浄土真宗の正しい法義をお伝えしております。

Visitors : 全期間 18522 今週 0 今日 0

次の10件 »


『なぜ生きる』に見る親鸞会の間違い【6】《一切の群生海、無始よりこのかた乃至今日・今時にいたるまで、穢悪汚染にして清浄の心なく、虚仮諂偽にして真実の心なし》

 機の深信に関連して、高森顕徹氏は『なぜ生きる』(p266)に  ◎善人と思っている「善人」を「善人」と言われている と如何にも頓珍漢な事を言っている。  その説明として 『教行信証』はじめ聖人の全著述は、こんな者は善人 […]…

2013-12-13 20:33|Comment(0)

534 visitors [全期間]


『なぜ生きる』に見る親鸞会の間違い【5】《自身はこれ煩悩を具足する凡夫、善根薄少にして三界に流転して火宅を出でずと信知し》

 『なぜ生きる』に、いわゆる機の深信について長々と解説してあるが、いつもの高森顕徹流解釈に終始している。  そこで出されている根拠の解釈が皆おかしいが、今回はその中心である機の深信についての解釈の誤りを指摘しておく。   […]…

2013-12-10 22:11|Comment(0)

418 visitors [全期間]


『なぜ生きる』に見る親鸞会の間違い【4】《体失・不体失往生の事》

 高森顕徹氏は、浄土三部経も七高僧と親鸞聖人の著書を読んだことがないとしか思えない。  まして況や、他宗の書を読んでいることは考えられないのである。  その典型例が、浄土宗西山派の祖である証空上人の解釈についてである。 […]…

2013-12-08 21:42|Comment(0)

486 visitors [全期間]


『なぜ生きる』に見る親鸞会の間違い【3】《心想羸劣にして、いまだ天眼を得ざれば、遠く観ることあたはず》

 無明の闇について、高森顕徹氏は「王舎城の悲劇」を通して話を展開しているが、その「王舎城の悲劇」も『観無量寿経』の内容とは異なっている。  『なぜ生きる』には、『観無量寿経』の文を全く引用されていないところを見ると、高森 […]…

2013-12-06 22:09|Comment(0)

447 visitors [全期間]


『なぜ生きる』に見る親鸞会の間違い【2】《決するに、疑情をもって所止となす》

 『なぜ生きる』(p126~)より引用。  人生を苦に染める元凶は何か。親鸞聖人の解答は、簡明だ。 決するに、疑情をもって所止となす(『教行信証』) 「疑情ひとつ」と決断される。「決するに」「所止となす」の断言に迷いがな […]…

2013-12-04 22:06|Comment(0)

435 visitors [全期間]


『なぜ生きる』に見る親鸞会の間違い【1】《真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す》

 浄土真宗親鸞会会長の高森顕徹氏が監修している『なぜ生きる』を見ることで、高森氏が如何に真宗教義に疎いかが解かる。  親鸞会の問題点を浮き彫りにするために、高森氏が引用し解釈している聖教上の文を中心に述べていきたい。   […]…

2013-12-03 21:40|Comment(0)

435 visitors [全期間]


第十八願の信心【10】《つねに自然を沙汰せば、義なきを義とすといふことは、なほ義のあるになるべし。》

 高森顕徹氏は親鸞会の中にあって、他力信心を得た絶対的指導者として崇められている。  然るに、高森氏の説く他力信心が、真宗で教える他力信心とは大いに異なるのである。  このことはこれまでに詳しく述べてきたが、30年以上も […]…

2013-09-16 21:08|Comment(0)

532 visitors [全期間]


第十八願の信心【9】《善悪の生所、わたくしの定むるところにあらずといふなりと》

 前回の『執持鈔』の中で、信心について別の表現がある。  明師にあひたてまつらでやみなましかば、決定悪道へゆくべかりつる身なるがゆゑにとなり。しかるに善知識にすかされたてまつりて悪道へゆかば、ひとりゆくべからず、師ととも […]…

2013-08-15 21:24|Comment(0)

456 visitors [全期間]


第十八願の信心【8】《往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきことにあらず、ひとすぢに如来にまかせたてまつるべし》

 親鸞聖人は『教行信証』信巻において、経典と高僧方の書を基に第十八願の信心を顕かになされているが、その内容はかなり難しい。  それ故、真宗学を基礎から学んだものでなければ、正しく理解はできない。  高森顕徹氏はその典型例 […]…

2013-08-11 08:06|Comment(0)

517 visitors [全期間]


第十八願の信心【7】《法の難を説くなかに、まことにこの法をもつて凡を転じて聖となすこと、なほし掌を反すがごとくなるをや》

 親鸞聖人は『教行信証』信巻の最初に、第十八願の真実信心を釈して以下のように仰っている。  大信心はすなはちこれ長生不死の神方、欣浄厭穢の妙術、選択回向の直心、利他深広の信楽、金剛不壊の真心、易往無人の浄信、心光摂護の一 [...]…

2013-07-19 22:28|Comment(0)

514 visitors [全期間]


次の10件 »

響流書房
仏教の教えを電子書籍に-響流書房
記事検索
巡回ブログ一覧(更新順)

真偽検証 (2017-04-29 06:09)

安心問答 (2017-04-27 00:00)

飛雲 (2017-04-26 21:11)

さよなら親鸞会 (2017-04-08 17:33)

東大数学科から仏教講師になったおかもんの日記 (2017-04-07 16:27)

あさ川進の、宗教と私 (2017-04-02 10:04)

静かな劇場 (2016-08-25 15:34)

愛と哲学の自分探し(生きる意味は結婚?) (2016-06-17 19:46)

『生きる意味』をハッキリ示す仏教講師のブログ (2016-05-01 21:28)

リバース (2015-09-04 07:05)

元会員から見た浄土真宗親鸞会 (2015-08-09 23:11)

親鸞会のトリック (2014-11-14 00:00)

浄土真宗親鸞会は、親鸞聖人のみ教えと同じか? (2014-09-25 02:24)

高森親鸞会の誤りと浄土真宗の正義 (2013-12-13 20:33)

しあわせのいずみ (2013-08-22 14:14)

親鸞会教義の誤り (2013-01-21 18:29)

お釈迦様と親鸞聖人の教えられた「ただ一つのこと」がわかるブログ (2012-11-17 14:21)

親鸞会.NET (2012-08-23 10:45)

宗教法人浄土真宗親鸞会を脱会した人(したい人)へ (2012-05-28 16:45)

辛口!真宗時評 (2012-02-20 18:49)

カボチャプリン☆親鸞会講師のわくわく日記 (2011-10-12 19:53)

浄土真宗親鸞会 宇治金時にあこがれて (2011-05-25 12:25)

21世紀の浄土真宗を考える会 (2011-02-03 21:47)

清森問答 (2010-12-27 20:00)

浄土真宗親鸞会を考える 新・ハトの会 (2010-09-26 12:52)

苦笑の独言 (2010-09-12 22:34)

ぱきら (2009-08-04 10:41)

「捏造」と捏造された不倫事件の真実 (2009-01-29 19:35)

モバイルサイト